国内稀有の最強粘着ラベル輪転機 - COHESIO:コヒージオ

コヒージオ(COHESIO) 特殊塗工機 (糊、シリコン等)

紙、フィルム、カードボード等どのような基材でも粘着ラベルに加工する輪転機「コヒージオ」です。給紙装置は2ユニットあり、1本はラベル用基材の給紙であり、他方はライナー用基材としてモデル「コヒージオ」機に入っていきます。 当機の中でライナー基材にはシリコンコーティングが施され、ラベル基材には下面に粘着剤が印刷された後、2つのウェブは貼り合わされ、自己粘着ラベル基材へと加工されます。給紙を1本のみ使って、その基材の表面にシリコン、下面に粘着剤をコーティングして、ライナーレスラベルへと加工することも可能です。

     

ライナーレスラベル生産
ライナーレスラベルはラベルのコストダウン、省資源化、ごみの削減、1ロール内のラベル枚数の増加等の問題に回答を導きました。ライナーのないラベルを生産するというソリューションは決して特別の加工ではなく、従前からあり現在も多く使用されている印刷付きテープは正にライナーレスです。剥離ライナーをゼロにするだけで現状の通常ラベルの構成コストの35%をコストダウンできるのです。コヒージオは、ETI創業当初の機械からライナーレスラベルをいつでも生産可能な構成でした。近年ではライナーレスラベル専用機も多く製作しておりますが、現在のライナーレスラベルは矩形専用です。ETIは、自在型ライナーレスラベルの生産ソリューションとして2つのシステムを用意しております。

ホットメルト パターン コーティングコーティング版胴交換式
ETIでは、この方式を標準としています。粘着剤としての物性面ではホットメルト粘着は既に業界からの全ての要求に対応できておりますが、ホットメルト粘着への転向が許されない場合には、当社エマルジョンコーティング装置を、 ご採用ください。
1.使用粘着剤:ホットメルト粘着剤
2.粘着剤タイプ:ゴム系、EVA系、アクリル系
3.方式:ETI製スロットマスクコーティング
4. 特徴:紙から透明フィルム基材まで高品質で安定した粘着層形成が可能なようETI自社で開発
5. コーティング被膜:±5%以内
6. 速度:最高速度 150メーター

ダイレクトサーマル層塗工
1.どのような基材でも、ダイレクトサーマルラベルにすることが可能
2.部分塗工することで、発色可能エリアを規制可能
3.パターン粘着塗工と組み合せて、ドキュメントとラベルを統合した新しいラベルのスタイルを創造可能
4.既存のETIコヒージオ機に増設可能
5.既製汎用サーマル紙へオーバーコートのみ施して、高耐性サーマル紙へのグレードアップ可能

c_012

エマルジョン粘着剤コーター
1.エマルジョン粘着用グラビア印刷方式
2.使用粘着剤 エマルジョン粘着剤 通常印刷も可能
3.対応粘性 500~5,000cps
4.パターン粘着印刷 グラビア版胴交換方式
5.シリンダー交換可能 円周 15.75~29.5インチ
6.方式 正転、リバース切換え可能 グラビアコーティング

c_02c

ミニライナーシステム
12ミクロン厚のPETフィルムを剥離ライナーとしてラベルを生産するシステムです。PETライナーを採用することでラベラーの貼り精度も維持したまま、1ロール内のラベル数が、平均1.6程に増加します。しかも、12ミクロンのPETフィルムは、グラシンの価格の1/2以下であり、ラベラー適性を維持したままコストダウンが可能です。 また、環境・資源対策の面からも極めて有効な新ラベル形態です。即ち、ユーザー側で使用済のライナーを保管していただき、印刷会社がそれを回収してリサイクル処理することで、シリコン紙ライナーを資源ごみとして廃棄することから方向転換できます。ETIコヒージオ機は、事前印刷されたラベル用として未加工のウェブ原紙を給紙して、シリコン塗工、粘着塗工、貼り合せ、ラベル抜き加工を行なう機械です。 ラベルをフィルム裏面に事前印刷することで、印刷していないフィルム面をラベル表にすることにより、オーバーラミネート、ニス加工も削減できます。 このシステムに「ミニライナー」の機能を追加すれば、さらに大幅コストダウンを達成可能となります。

ホットメルト スロットマスク方式コーティング
粘着剤としての物性面ではホットメルト粘着は 既に業界からの全ての要求に対応できておりますが、ホットメルト粘着への転向が許されない場 合には、当社エマルジョンコーティング装置を、ご採用ください。
1.使用粘着剤 :ホットメルト粘着剤
2.粘着剤タイプ : ゴム系、EVA系、アクリル系
3.方式 :ETI製スロットマスクコーティング
4.特徴 :紙から透明フィルム基材まで高品質で安定した粘着層形成が可能なようETI自社で開発
5.コーティング被膜 : ±5%以内
6.速度:最高速度 150メーター

  1. 仕様
  2. 用途

仕様

ホットメルト パターン コーティングコーティング版胴交換式
ETIでは、この方式を標準としています。粘着剤としての物性面ではホットメルト粘着は既に業界からの全ての要求に対応できておりますが、ホットメルト粘着への転向が許されない場合には、当社エマルジョンコーティング装置を、 ご採用ください。
1.使用粘着剤:ホットメルト粘着剤
2.粘着剤タイプ:ゴム系、EVA系、アクリル系
3.方式:ETI製スロットマスクコーティング
4. 特徴:紙から透明フィルム基材まで高品質で安定した粘着層形成が可能なようETI自社で開発
5. コーティング被膜:±5%以内
6. 速度:最高速度 150メーター

エマルジョン粘着剤コーター
1.エマルジョン粘着用グラビア印刷方式
2.使用粘着剤 エマルジョン粘着剤 通常印刷も可能
3.対応粘性 500~5,000cps
4.パターン粘着印刷 グラビア版胴交換方式
5.シリンダー交換可能 円周 15.75~29.5インチ
6.方式 正転、リバース切換え可能 グラビアコーティング

用途

各種ラベル作成(ライナーレス等)・グラビア印刷

img_01


PAGE TOP